オランダ日記2・忘れたくないこと

b0194467_11240505.jpg

・picknick
オランダのフードアーティスト、マライエさんが作ったカフェ。
今は経営者は変わってしまったみたいだけれど、スタイリングは彼女によるものだそう。
マリッカも学生時代食べ物で作品を作っていた人なので、マライエさんのことは大好きなんだって。
(マリッカの卒業制作はキャンディーだったし、アップルパイのプロジェクトを友達とやったりもしていました。実はまだ知り合ってもいなかったヤーップはそのアップルパイを偶然買っていたんだとか。)
私たちが頼んだのは、確かミートローフと何かのパテのプレート、あとはローズレモネード。


・美術館公園ゾーン
マリッカの家のからすぐのところに、美術館が立ちならぶエリアがあった。行くまでの道がとても面白くて、「美術」とか「愛」とかメッセージがぶら下がっていたり、ピカソの彫刻があったり、川があったり、芝生があったり、とても平和。美術館は1つしか見られなかったけれど、どれもすごく良さそうだった。
行ったのは友達おすすめのKunsthal Rotterdam。もともとはガソリンスタンドだったらしい。
行った時は、Tomatenfabriekとdo itという、どちらも参加型の展示をやっていた。スタッフの人がみんな親切で、展示のことだけでなくて、アーティストについても詳しく説明してくれた。
b0194467_11240516.jpg


b0194467_11240573.jpg


b0194467_11240651.jpg


"Tomatenfabriek”
tomato factoryの意味。トマトがどう育ち、どのように加工され流通するかを学ぶ子供用の展示。
沢山の種類のトマトを味見して(食べ放題)、その意見をトマトの品種改良をしている大学の研究者に送れるアンケートがあったり、サラダを作ってパッケージもデザインしたりすることもできた。

”do it”
沢山のコンテンポラリーアーティストの合同展。オノ・ヨーコさんも参加してました。
私のお気に入りは、マスの中に赤いものを置いていくという展示。
私は赤いもので置いて行ってもよさそうなものを持っていなくて残念。tomato factoryのミニトマト置いている人もいた。
全部を理解できていないけれど、どれも全体的にハッピーで、ちょっと社会への皮肉があって、おしゃれすぎずかわいすぎず、見る人に寄りそう感じの作品が多くて、すごく楽しかった。
b0194467_11240663.jpg


b0194467_11240680.jpg


b0194467_11240633.jpg


b0194467_11240758.jpg



・ストロープワッフル
オランダ名物の丸くて甘ーいペタンコのワッフル。
もともとはしっかり固めだけれど、温かい飲み物の入ったマグなどにフタするみたいに置いて、温めてちょっと柔らかくして食べる。
これは絶対に買いたくて、それだけのために朝早く起きてスーパーに行った。すごく沢山の種類があったけど、スーパーオリジナルのスタンダードぽいものにしました。空港にも売ってるけど高い。
KLMではおやつに同じ味のクッキーが出ました。


・Boekie Woekie
はあ~。このお店のことを考えると、本当に本当に幸せになれる。
アムステルダムのアートブック専門の本屋さん。
アムステルダムはもともと行く予定はなかったのに、オランダ通のじゅんちゃんがロッテルダム情報以外にもしアムスに行くことがあったら!と念のために教えてくれた場所。
2回もオランダ来てるのに、アムステルダム行ってないの!!!ってマリッカカップルにも驚かれ、飛行機乗る2時間前に車で連れて行ってもらった。マリッカカップルは予定がある為、ここから一人旅。
心細く、別れがさみしく、でも、このお店がとてもとても良くて、一気に集中。
私はアートブック屋さんってちょっと緊張して苦手なのだけど、ここは何時間でもいられてしまう感じでした。時間との戦いで、ノートとカードを大量に購入。欲しい本は7万円くらいしたので、断念。でも、7万円くらいする本が手軽に手に取ることができて、雰囲気も暖かくて、お店の方もすごく優しかった。大興奮して、”日本の友達がすごく勧めてくれて来たけれど、本当に素敵ですね!!!”って伝えた!伝えたつもり!
このお店の途中にあったお菓子屋さんや古着屋さんもまた行きたい。。
b0194467_11240747.jpg


b0194467_11592024.jpg



・KLMの飛行機の中
マヨルカ島へ行くとき以外はKLMを使って行きました。
初めてだったのだけど、カトラリーとか紙コップとかデザインが良くて、色々持って帰ってきました。マドラーは個展の作品にもしたくらい好きです。CAさんも明るくて親切な人が多かった。オランダ人ってそういう人が多い気がする。ちょっと日本人に似ている気がする。
あと、隣になった人たち、イタリア人の旦那さんがいる日本人のお母さんと男の子、友達のギャラリストを紹介してくれたスペイン人のキャリアウーマン、スペイン人のヤングママと赤ちゃん、日本人カップル。みんな気さくだった。

※ここに出ている場所のほとんどが友人じゅんちゃんの情報によるものです。本当に良い情報をありがとう!!!

[PR]
by watanabehiroko | 2015-09-16 11:02 | trip

渡邉紘子のお知らせ


by watanabehiroko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

●スケジュール●

2016年 

●展示●

4月15日(金)~24日(日)
「おとしもの大将、ヘレンさん」
ブックギャラリーポポタム
詳細→

7月6日(水)〜10日(日)
「ピンケンワイテンブラウネンゴウ」
FALL

10月 
あお山ヒュッテ

12月 
RBFM+ 
dessin クリスマスマーケット





/////////

ホームページはこちら
hiroko-watanabe.com

twitter

Instagram

カテゴリ

全体
information
exhibition
work
order
wedding
note
trip
profile
contact
link

最新の記事

個展「ピンケンワイテンブラウ..
at 2016-06-18 09:09
あお山ヒュッテ 1st AN..
at 2016-06-18 09:00
個展『おとしもの大将、ヘレン..
at 2016-03-31 08:32
FLOWER FAIR, C..
at 2016-02-02 16:39
あけましておめでとうございます
at 2016-01-06 10:56

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧